メディプラスゲルで極まれに肌トラブルが出ることも

美肌作りを目指して肌のお手入れをしていたのに、スキンケア用品が原因で肌トラブルが起きてしまった...といったことになったら、泣くに泣けないでしょう。しかし、残念ながらスキンケア用品には大抵の場合、肌に悪い刺激を与える添加物が使われているのが現実なのです。

 

初回限定価格【2996円】のキャンペーン公式ページはこちら

 

スキンケア用品を雑菌から守る防腐剤も、肌には有害

 

スキンケア用品には、よくフェノキシエタノールやパラペンといった防腐剤や保存料が使われており、容器の中で雑菌が増殖するのを防止する役割を果たしています。勿論、製造段階や出荷時など未開封の状態であれば、商品の中身も無菌状態が保たれています。しかし封を開けて使用者が雑菌の付いた手指で中身に触れると、それが容器の中にも移り、そこで菌が増え続けることになってしまいます。このように外部から入り込む菌から化粧品を守るために、防腐剤や保存料が使われる訳ですが、これらの添加物は肌にとっては決して優しいものではありません。寧ろ、悪い刺激をもたらすことが懸念されるのです。

 

「百害あって一利なし」の香料、着色料

 

香料や着色料も頻繁に使われる添加物ですが、これらは防腐剤などよりも更に有害とされています。香料が原因で肌にアレルギーやトラブルが発生したという報告も数多く、そもそも香料として使われている物質自体がどの様なものなのか分からない程なのです。また肌に悪い刺激をもたらす着色料も安全性の上で大きな懸念があり、発癌性があるとまで言われています。

 

香料も着色料も肌の健康にとっては百害あって一利なしと言える程、問題の多い添加物です。それでもメーカーは、単に商品の見栄えを良くするめにこれらの添加物を使い続けているのです。

 

安全のためにも無添加を選ぶ

 

肌を健康に保ちながらお手入れをするのなら、こうした有害な添加物を使用していない商品を選ぶのが鉄則だと言えます。その点、添加物フリーのメディプラスゲルなら、化学物質を起因とする肌トラブルとは無縁でしょう。

 

「でも防腐剤が入っていないと保存がきかないんじゃないの?」と不安視する意見もあるかもしれませんが、メディプラスゲルはプッシュボトルの容器に入っているため、衛生面での心配は無用です。例えば菌の付いた手で中身に直接触れるといったことがないので、雑菌に侵されなくて済むからです。

 

添加物フリーなら絶対に大丈夫?

 

ではメディプラスゲルでは全く肌トラブルが起きないかと言うと、そういう訳でもありません。実際に口コミを調べても2つ程ですが、メディプラスゲルによる肌トラブルが起きたという実例も見出せます。そのうち一つはニキビや吹き出物を発症したという実例、もう一つは皮膚が赤くなって湿疹ができたという例です。

 

添加物フリーのはずなのに、何故でしょうか?

 

これは人によって、添加物以外の物質からも刺激を受けてしまうことがあるからです。例えばビタミンCに反応しやすい人もいれば、少量であってもアルコールに拒否反応を示す人もいます。どういった成分に弱いのかは人によって様々なので、添加物を含んだ化粧品でも問題のなかった人が、メディプラスゲルに切り替えてから肌トラブルが発生したといったことありうるでしょう。

 

とは言え、こうした例は極めて稀なことです。使用しても殆どの人に何ら問題が起きないことは、メディプラゲルを取り入れている美容クリニックが全国に200カ所以上あることからも明らかでしょう。

 

それでもスキンケア用品による想定外の肌トラブルは誰しも避けたいものです。しかし、本人も気づかないうちに自分に合わない成分の入った商品を使ってしまうことはありうるでしょう。その対策として、自分が反応しやすい成分を把握しておくことが大切です。仮に肌が荒れるなどのトラブルが起きた場合には、その商品の含有成分を記録に残しておき、新たにスキンケア用品を探す際には、反応しやすい成分の入った商品を避けるようにして下さい。

 

お試しで自分に合うのか確認する

 

肌に負担となる添加物を排除しながらも、有益な成分をふんだんに含み、費用対効果の上でも満足度が高い...これだけ条件が揃っているのですから、メディプラスゲルが優れた商品であることは異論がないと思われます。このことは口コミでも多くの人が認めているところであり、モンドセレクションでの5年に亘る受賞歴からも証明済みだと言えるのではないでしょうか。

 

それでも、肌に合わないのに本人がまだそのことを認識していない成分があるかもしれませんし、それがメディプラスゲルに入っている可能性も否定できません。メディプラスゲルには全額返金保証があるので、お試しをして確認してみるのが良いと思います。その際に容器が空になるまで使った場合でも、返金には応じてもらえます。但し、商品が到着してから30日を過ぎてしまうと、この保証の対象外になることに注意して下さい。